位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 入れ歯治療のメリット、デメリットと二つのタイプの入れ歯の紹介

最近チェックした商品[クリーン]

入れ歯治療のメリット、デメリットと二つのタイプの入れ歯の紹介

 入れ歯治療のメリットはなんですか?

大きな欠損にも対応可能

隣の歯を削る必要がない

取り外しが可能なため手入れがしやすい

歯科では歯科インスツルメンツが必要です。

 

入れ歯治療のデメリットはなんですか?

見た目が良くない場合がある

グラついてしまいやすい

正しい発音ができない場合がある

 

バネを全く使用しない入れ歯(ノンクラスプデンチャー)とは?

ノンクラスプデンチャーはバネを使用しない入れ歯です。金属製のバネを使用しないため、見た目に優れます。そのほか、軽い、入れ歯を薄くできるという特徴があります。ここ数年、使用する人が急増している入れ歯です。

 

金属床義歯とは?

義歯の床部分に強度に優れた金属を使うことで、入れ歯自体の厚みを薄くすることができます。金属は熱を伝えやすいので食べ物の温度を感じやすく、食事を楽しめるのが特徴です。

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで