位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 虫歯の症状、3mix法、フッ素塗布の紹介

最近チェックした商品[クリーン]

虫歯の症状、3mix法、フッ素塗布の紹介

虫歯とは

虫歯とは、口の中の細菌が糖分から歯を溶かす酸を作り、それによって健康な歯が侵蝕されてしまうものです。歯科では歯科タービンが必要です。

 

C1~C4の虫歯の症状はなんですか?

C1酸が歯の表面のエナメル質を溶かし、小さい穴があく。この時点では痛みは感じない。

C2象牙質まで侵食が進み、冷たいものや甘いものがしみるようになる。

C3歯髄(神経)が侵され、かなりの痛みを伴う。

C4侵食がひどく穴が大きくなり、歯根だけが残った状態。

 

3mix法とは?

3mix法とは、虫歯を極力削らない薬を使用した治療法です。3つの抗菌剤をミックスした薬を虫歯に塗布し、無菌化します。肉体的にも精神的にも負担が少ない虫歯治療です。

 

虫歯の予防に効くフッ素塗布

歯科医師、または歯科衛生士が行います。フッ素塗布により、むし歯予防の効果もあり、また、初期のむし歯の場合には、回復することもあります。

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで