位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯を失ってしまった場合に一番一般的な治療法ー入れ歯

最近チェックした商品[クリーン]

歯を失ってしまった場合に一番一般的な治療法ー入れ歯

 歯を失ってしまった場合に一番一般的な治療法、義歯。義歯も機能的にも審美的にも日々進化しています。多数の義歯があり、また、特徴も様々です。歯科では歯科インスツルメンツが必要です。

 

プラスチック義歯

国民健康保険などの保険を使って入れ歯を作る場合、義歯床がプラスチックのものとなります。安価に作ることができる反面、分厚くなりやすく、安定せず違和感が強くなることがあります。

 

金属床入れ歯

入れ歯の床部分が金属で作られているのが「金属床入れ歯」です。プラスチック製のものよりも薄く、熱が伝わりやすいため、食べ物の温度を感じやすいという特徴があります。違和感もほとんどありません。

 

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーはバネを使用しない入れ歯です。金属製のバネを使用しないため、見た目に優れます。そのほか、軽い、入れ歯を薄くできるという特徴があります。ここ数年、使用する人が急増している入れ歯です。

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで