位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 虫歯についてのあれこれの問題

最近チェックした商品[クリーン]

虫歯についてのあれこれの問題

 虫歯はどうしてできるのか

歯の表面に付着した食べかすや歯垢を虫歯菌が分解する際に酸を発生し、その酸が歯を溶かすことにより虫歯ができるのです。歯科では歯科タービンが必要です。

 

C1~C4の虫歯

C1初期の虫歯です。虫歯はエナメル質の中だけに存在します

C2虫歯は、象牙質まで進行しました。時々冷たいものや甘いものがしみたりします。

C3虫歯が、神経にまで達しています。

C4虫歯がさらに進むと歯冠(歯肉の上の部分)が崩壊します。

 

根管治療とは?

虫歯が進行して歯の神経まで侵されてしまった場合に行う治療が「根管治療」です。神経が侵された歯は、以前であれば抜歯するしかありませんでした。しかし、根管治療によって歯の根をしっかり治療することで抜歯せずに残すことができます。

 

C4の虫歯の治療方法はなんですか?

治療可能な歯質が残っていれば、根管治療を行ってから、被せ物をします。症状によっては抜歯しなければならないことがあります。

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで