位置: ホーム > 文章 > 歯科インスツルメンツの情報 > 虫歯の原因と虫歯の悪い影響

最近チェックした商品[クリーン]

虫歯の原因と虫歯の悪い影響

 虫歯の原因はなにか?

「歯質」、「糖分」、「虫歯菌(プラーク)」の3つの因子が揃ってはじめて虫歯が発生します。歯科では歯科タービンが必要です。

 

虫歯を放置すると

痛みはどんどん激しくなってきます

治療の難易度が高くなります

通院回数が増えます

治療にかかる時間がながくなります

治療費がかさみます

抜歯のリスクが高まります

 

虫歯の進行

C1初期の虫歯です。虫歯はエナメル質の中だけに存在します

C2虫歯は、象牙質まで進行しました。時々冷たいものや甘いものががしみたりします。

C3虫歯が、神経にまで達しています。ここまで大きくなるとズキズキ痛みます。

C4虫歯がさらに進むと歯冠(歯肉の上の部分)が崩壊します。

 

フッ素塗布による虫歯予防

歯の表面にフッ素を塗る処置です。フッ素には、歯質を強くし、虫歯菌が出す歯を溶かす酸から歯を守って、歯の再石灰化をうながす効果があります。またごく初期の虫歯であれば、フッ素塗布による治癒が期待できます。

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで