位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯周病と年齢の関係および歯周病の予防

最近チェックした商品[クリーン]

歯周病と年齢の関係および歯周病の予防

 歯周病に年齢は関係ある?

中・高年以降の人が圧倒的に多く、軽度の歯肉炎を含めば、成人の80%近くが歯周病といえます。また、噛むことが少ない子、お菓子や清涼飲料水などを摂り過ぎる子供にも歯周病が多く見られます。歯科では歯科インスツルメンツが必要です。

 

歯周病を招く原因はなんですか?

歯周病の原因は、プラーク(歯垢)と呼ばれるバイ菌の塊です。口内に付着したプラークや歯石によって、歯ぐきなどの炎症が起きて組織が破壊され、進行してしまうと大切な歯を失ってしまう危険性があります。

 

歯周病は必ずなりますか?

歯周病はかならずかかるわけではありません。かからないように予防することは十分可能です。また、かかっても初期であれば治癒させることも簡単です。

 

歯周病の予防はどうしたらよいのでしょうか?

まずは、歯垢がたまらないように、正しい歯ブラシの方法を覚えることが一番です。正しく磨いているつもりでも、苦手な部分や、自分では磨きにくい部分がありますので、定期的に歯医者さんに行って、正しく歯ブラシが行われているのかチェックを受けることが重要です。磨きにくい部分の専門的な清掃、そして口の中の良い環境をつくるために歯石除去を行ってもらうと良いでしょう。

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで