位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 虫歯の進み方と二次う蝕について

最近チェックした商品[クリーン]

虫歯の進み方と二次う蝕について

 虫歯とは、お口の中のミュータンスと呼ばれる細菌が糖を利用して作った「酸」によって歯が溶かされ、穴が開いた状態になってしまう病気です。歯科では歯科タービンが必要です。

 

虫歯はどのように進みますか?

C1歯の表面(エナメル質)の虫歯。自覚症状はありません

C2象牙質まで進行。冷たいものがしみ、やがて熱いものもしみ、痛み出します。

C3歯髄まで進行。歯髄が炎症を起こし、ズキズキ痛みます。

C4歯冠部が欠損。歯髄組織も死んで痛みはなくなります。

 

二次う蝕とは?

一度詰めたりかぶせたりして治療した歯から起こる虫歯です。詰め物と歯との隙間にはプラークが溜まりやすく、そこから細菌が侵入し、虫歯が発生します。

 

根管治療とは?

虫歯が進行して歯の神経まで侵されてしまった場合に行う治療が「根管治療」です。神経が侵された歯は、以前であれば抜歯するしかありませんでした。しかし、根管治療によって歯の根をしっかり治療することで抜歯せずに残すことができます。

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで