位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 金属床、レジン床義歯、ノンクラスプ・デンチャーの紹介

最近チェックした商品[クリーン]

金属床、レジン床義歯、ノンクラスプ・デンチャーの紹介

 入れ歯(義歯)治療は、失ってしまった歯を補うために用いられるもっともポピュラーな治療法です。今度は三つのタイプの入れ歯の特徴を紹介します。歯科では専門な歯科機器(歯科インスツルメンツ)が欠かせません。

 

金属床の特徴はなんですか?

耐久性が高く、床が薄いので違和感も少なくてすみます。食事がしやすく、発音にもあまり支障をきたさないので、快適に装着することができます。また、熱が伝わりやすいことで、食べ物の温かさや冷たさを感じることもできます。

 

ノンクラスプ・デンチャーって?

従来の入れ歯にあったような金属のバネが無く、半透明の材質なので装着しているように見えず、目立たない入れ歯です。硬くないため心地よく装着していただけます。また、金属を使用していないので金属アレルギーの方でも安心して使用して頂けます。

 

レジン床義歯

レジンと呼ばれるプラスチックのような材質のもので保険適用となります。安い費用で作ることが可能で、修理や修正なども比較的容易なのに対し、レジンのため熱が伝わりにくく、粘膜を覆う部分の厚みがあるので違和感があります。

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで