位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯は必ず警戒しなければならない割れ目があります

最近チェックした商品[クリーン]

歯は必ず警戒しなければならない割れ目があります

 かんでいるうちに、歯突然ひとしきりのきりきりの痛み、ひどく全身の冷や汗を出して、おかしくての、ただかむのがこの点の上の歯でようやく痛いことができます;また厳しい重点、氷のサイダーを支えてあるいは口の暑いご飯の歯を食べるのを飲んですべて痛いです;甚だしきに至っては夜に眠る時歯もひどい目が痛いです……歯科の専門家は指摘して、これはとてもおそらく歯は隠れて裂けて邪魔しています!浅いのを表して隠れて裂けて常に症状がなくて、比較的深い時寒い熱刺激の痛み、かみ合わす痛みあるいは場所(時間)を決める性に会って激しい痛みを咀嚼して、甚だしきに至っては有り得る出現の歯は折れて、更にひどい時隠れるから裂けて発展して縦線裂開になって全体の歯を抜き取らなければならなくて、小さい問題が大になるのが面倒です。

 

 歯は隠れて裂けて常に世間を欺くことができます


 “医者、私を見てみる歯はぼろぼろになったではありませんか。”小川レディースは歯科が診察を受ける時自らの叙述まで(に)、前の日夜診察を受けて食事をする時、彼女は普通のようにうきうきして骨のスープの中の骨のかすをかんでいます。彼女が充実感を感じつつ食べる時、突然な頭がひとしきりしびれて、同時に1陣痛の徹底的な心の扉の歯痛は襲ってきて、涙はただしきりにすこし飛びかかって下へ落ちます。


 歯が隠れるのは裂ける歯の表面の非生理的の性の小さいひびで発生するので、常に歯の表面と溝を隠して重なり合っていてそして片側あるいは両側へりjiに延びるのを伸ばします。“歯が隠れて裂ける初めは明らかな症状がなくて、普通は時間(場所)を決めて物をかんでひどくようやく患者の注意を引き起こすことができるのが発生しました。”東京大学の付属の口腔病院歯体歯髄病気科の主任の林正と梅佐藤教授がつりあいがとれていて、“分かりやすい比喩を打って、歯は隠れて裂けて壁の割れ目に似ていて、ひびが初めは形成する時、発生して水がしみることはでき(ありえ)なくて、しかしひびが入って深く着いて壁を貫く時、恐らく発生して水がしみます。”彼女は紹介して、歯が隠れて裂ける最も歯最も外側のほうろう質層つまり琺瑯質層で発生するのを始めて、そしてこの時患者は常に自覚症状がなくて、ひびになって象牙質の深層が深くておよび、あるいは、歯の神経腔を巻き添えにする時、歯髄炎の症状が現れて、過冷却の過熱の食物はたきつけて痛みを誘発して、歯側を患うで咀嚼する勇気がなくて、多くの人はこの時にやっと診察してもらって、さらに発展して歯まで(に)自然発生的な痛みあるいは夜間にひどくやっと診察を受けるのが現れて、しかしこの時医者は患者のために痛みと完成を制御して手続きを治療することができたけれども、しかし歯の予後の効果を患うのが良くありません歯科 タービン 滅菌


 “歯をばかにして隠れないでください裂けるこれらの非生理的の性の小さいひび、もし発見するのがとても遅くて、たくさん面倒なことがあります。”彼女は指摘して、歯髄の治療する患者の中で行わなければならなくて、1/4は歯のから隠れて裂けて引き起こしたのです。歯は隠れて裂けて虫歯ほどよくないが、しかし容易に発見しなくて、多くの人は恐らくどうしても歯を抜いてしまわなければならない時まで(に)依然としてその根源が歯が隠れて裂けるのが分かりません。


 どんなの歯、どんなの人の最も容易な出現の歯は隠れて裂けますか?専門家は指摘して、歯の発生の原因以外、“歯の先”のとても高い歯は、よく硬い物の人の最も容易な出現の歯をかんで隠れて裂けます。佐藤教授は指摘して、いくつかの歯が受けたの合力をかむのは増大するそれらが歯が隠れるのが裂ける重要な原因現れるのです。“歯のかみ合わす面は巣がある溝があって、ものの時発生する力をかむでしょうのが分散しているのができて、歯に対して劈開効果があって、いくつかの歯が鋭くてとても高くそびえていて、わりに多い歯を使って力を受けるもっと大きくて、発生した水平分力はもっと大きくて、隠れて裂ける発生する機会ももっと大きいです。”ビールをかんで、クルミの殻、骨のかすなどの硬い物をかぶせて、いくつかの歯に受けさせたのが合力の増大する重要な原因をかむで、月日のたつうちに歯は割れ目が現れます。


 歯は隠れて裂けてとても“陰険だ”、臨床診断が難しくて、治療効果が悪くて、しかしそして手がかりがないのではなくて探すことができます。専門家は指摘して、歯は隠れて症状があるまで(に)裂けることがなくて症状、症状がない時発見させられにくいため、半年ごとに~1年一回の口腔をして全面的に検査するべきだ以外、症状があると時直ちにまた医者にかかるべきです、たとえただとしても軽微な痛み。軽微なのは隠れて裂けてオーバーシュートを通して歯などの手段をつぶしてすべての口の歯使用の時力のバランスを受けることができて、あるいは歯が隠れて裂けてまだ裂けていないで歯の神経腔に着く時それに付けての補強を磁器の歯冠のこの頂の人工の“帽子”、をあぶります;歯が隠れて歯髄まで(に)裂ける深い時、根をまず進めなければならなくて治療してまた“帽子”をかぶったのを管理しました;もし歯が隠れて裂けて持続的に発展して歯の根部に波及する時、通常繰り返す歯週間が感染するのを招いて、病気になる歯はほとんど価値を保留するのがなくて、歯を抜くことしかできません。


 よく硬い物をかんで隠れて裂ける歯がありやすいです


 専門家は提案します:


 過失の埋め合わせをする歯は少なく堅果をかみます


 専門家は指摘して、歯が力を受けるのを免れるのは過度に歯が隠れて裂けるのを発生する重要な措置の中の一つ防止するのです:


 一、少なく硬い物をかみます。歯科材料ここの言った硬い品物の所有者はビールが、クルミの殻、骨のかすなどをかぶせるのを指して、同じく歯に常に堅果を食べる大きい面積の詰め物の人があるように提案しないで、これらが過失の埋め合わせをする歯の受ける能力を埋められて健康の歯に及ばないためです。


 二、減らず口をたたく病気を治療します。ある人は見落としに減らず口をたたく病気をしを1つの事にしないで治療して、減らず口をたたく病気は健康の歯に磨耗して、同時に平均的に磨耗しないでかみ合わす面の歯の先、へりjiが高くそびえるのをもたらして、皆歯が隠れて裂けるのが現れやすいです。


 三、単に側が咀嚼するのを免れます。単に側は咀嚼して単に側の歯の負荷を強めて、同じく現れやすくて歯が隠れて裂けます。


 四、なくなる歯はできるだけ早く修復します。なくなる歯はすべての口が合力をかんで分布が一定しないをの招いて、余る健康の歯負担に耐えて重量が超過する歯が隠れて裂けるのが現れます。

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで