位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 「親知らず」のディメリット

最近チェックした商品[クリーン]

「親知らず」のディメリット

    親知らずということばは皆が効いたことがあると思いますが、親知らずとは、大臼歯の中で最も後ろに位置する歯であり、第三大臼歯が正式な名称で、智歯とも呼ばれています。親知らずは生える時期が概ね18歳ごろ生え初めて、親に知られることなく生えてくる歯であることがその名前の由来だとも言われています。親知らずの生える位置により、ほとんどは、抜歯しようと勧められますが、抜歯にかんする歯科インスツルメンツが色々あります。

 

親知らずの一番のデメリットは何といっても、正常にまっすぐきちんと生える例が稀だという事です。生えてこない場合というのは、顎の骨の中にある状態・または歯茎の中に収まっている状態(埋没)で、埋伏歯といいます。生えてきていないのに、ウズウズする感じがしたり、他の歯が押される事によって、歯並びが悪くなってしまったりします。

 

  現代人になって急激に親知らずの先天性欠損や、親知らずが生えてこないことが増えたという感覚を持つ人が多いようですが、現代人において全ての親知らずが生える頻度が増加し、親知らずの先天性欠損が減少したという調査結果もあります 。親知らずの埋伏や欠損は悠久の時の流れの中での傾向であり、近年になって爆発的に増えたわけではないのです。

 

  親知らずが斜めに生えたり、頭しか出ていないと、充分に歯磨きが行き届かず、虫歯になってしまいます。親知らずが虫歯になってしまうと、隣の健康な歯まで巻き添えにしてしまう可能性があります。また、きちんと磨けない事により、食べカスが残り、口臭や歯周病の原因となってしまいます。ですので、親知らずを生える次第、病院でチェックしながら、抜歯かどうか医者に意見を聞きましょう。

 

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで