最近チェックした商品[クリーン]

ハンドピースの注油

     歯科分野では、最も多く使われる歯科器具はハンドピースのことではないでしょうか。ハンドピースについては、ご使用中の注意点やまたは使用後のメンテナンスについては、よくお問い合わせをもらいましたが、ハンドピースのメンテナンスについては、一体どうすればよいのでしょうか。今日は、メンテナンスの一番大事な注油についてお話しましょう。

 

  エアタービンやコントラアングルを長く上手に使うための一番の方法は、日々の念入りなオイルメンテナンスです。特にベアリング部分の磨耗の防止と汚れの付着による不良を防ぐためには、絶対に欠かせません。オートクレーブ滅菌をされる前や、1日2回午前と午後の診療の後には、必ずオイルメンテナンスを行ってください。

 

  では、注油の部位については、どうしましょう。エアーと水の回路にだけ注油していれば良いというわけではありません。ヘッド部分、チャック部分への注油も確実に行いましょう。分解できれば、それぞれの部位をオイルで通しましょう。

 

マイクロモーターに接続するストレートハンドピースやコントラアングルハンドピースは、注油後すぐに接続しユニットのハンドピースホルダーに立てると、ハンドピース内に残った余分なオイルがマイクロモーターに入り込み、マイクロモーターのトラブルの原因になります。注油の済んだハンドピースはマルチスタンドを用いて垂直に立ててしばらく置くか、またはケア3プラスのエアーブロー専用キーを使って内部の余分なオイルを抜いた後、マイクロモーターに接続して約30秒間回転させてください。 

 

注油後は乾燥や専門な器具で保管しましょう。注油頻度は一日2回や三回を行いましょう。

 

 

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで