位置: ホーム > 文章 > 歯科インスツルメンツの情報 > アングルやストレートのバーを抜くときや使用時に注意事項

最近チェックした商品[クリーン]

アングルやストレートのバーを抜くときや使用時に注意事項

  現在の医療分野の発達につれて、歯科分野の器具や機器等が色々販売されています。弊社でハンドピースろご購入になった様々から、よく歯科アングルやストレートが抜けなくなったとか、緩くなったとかという問題がよく起こるようです。では、今日はバーについても問題について少しお話します。

 

 バー選定時のご注意については、バーメーカーで指定する許容回転速度をご確認の上、指定回転速度を超えないようご注意ください特に、タービンや増速コントラなどを高速回転でご使用になる場合には、バーメーカー指定の許容回転速度に合わせて選択してください。掘削刃部の大きいカーバイトバー等では、回転速度と切削抵抗との関係で、切削負荷がチャックの把持力を超えて抜けやすくなる場合があります。

 

また、バー装着時については、バーのシャンク部分に、ごみや切削粉等の異物が付着したまま装着すると、内部に蓄積した異物の影響でチャックの動きが悪くなり把持力が低下します。バーを装着する際は、取り付け前にシャンク部分をガーゼなどできれいに拭いてから装着してください。そして、バーの装着時には、バーを押し引きし、バーが確実に装着されたか確認してください。

 

使用中のご注意ですが、バーが外していく場合は、自分には患者さんに危険で、治療を中止してください。アングルなどのバーが抜ける場合は、カートリッジやチャックのコトロが異常の可能性が高いので、もし自分で交換できる場合は、カートリッジやチャックを取り替えてまた具合をチェックください。もし自分だけでは解決出来ない場合は、直ちにサプライヤーやメーカーに連絡してください。

 

 

 

 

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで