位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 口臭の成分

最近チェックした商品[クリーン]

口臭の成分

 自分の口が臭いのではないかと思っても、チェックの方法がわからない人も多いようです。口臭の原因成分は、呼吸で拡散しやすく、人が気づきやすい臭いでできています。 また、悪臭を放つ口臭にも、色々な特徴を持った臭いがあります。臭いを作り出す犯人とは一体どんな成分なのでしょうか。単なる口臭については、大した病ではありません。わざわざと歯科インスツルメンツにより治療などがいりません、ただし、長い時間改善できない場合は、虫歯や歯周病などの可能性が高いので、是非ご注意ください。

 

   口臭には、だれもが嫌悪感を抱くものです。会話をしていても、相手の口から悪臭がしてくると、会話に気持ちがついていかず、思わず顔を背けてしまうことさえあります。もちろん、自分の口臭についても気づかずにいるだけで、その実、相手に不快な思いを与えているのかもしれません。

 

   いずれも量が多くなると、誰もが「早く換気をしなくては!」と感じてしまうような、ひどい臭いを放つ有毒ガスの成分です。口臭レベルでこれらの成分が人体に影響を与えることはありませんが、それでも強い悪臭の元になります。

 

   口臭の臭いの原因は、口の中にいる細菌と唾液の成分によるものとされています。口の中には、無数の細菌がいて、その中の嫌気性細菌といわれる酸素を嫌う細菌が活発に活動するようになると、揮発性硫化化合物という物質を作りだして、それが口臭の素となっているということです。

 

   不快な口臭を作り出す大きな原因成分であるVSCは、実はおならの臭いにも含まれている成分です。一般の人は多かれ少なかれ生理的な口臭があるのが普通ですが、不快な悪臭と感じる口臭にはVSCが含まれている場合がほとんどです。また、おならを我慢したり便秘になっている人は、腸内に溜まったVSCが腸壁から血管に吸収されて排出される際、肺の中でキレイな空気と交換されます。そのため、肺の中の空気にVSCが混ざり、吐き出した息にVSCが含まれることになるのです。

 

 

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで