位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯根端切除術について

最近チェックした商品[クリーン]

歯根端切除術について

   何か月も根の治療をしているがなかなか治らない、この治療はいつまで続くのだろうと不安になる方も多いのではないでしょうか。根の先に溜まってしまった膿は、根の治療だけでは治らない場合もあるのです。そのような時に行うのが歯根端切除術という治療法です。

 

  歯根端切除術とは、根っこの病気(根尖性歯周炎)の外科的な治療法です。根管治療をおこなっても病気がなおらない場合があります。治らなかった場合に、その次の方法として歯根端切除術をおこなうことが多いです。

 

  根尖病変が生じて歯肉に腫脹や痛みが出現した場合の治療は、適確な根管治療と緊密な根管充填であることは言うまでもありません.この治療によってほとんどの根尖病変が治癒に向かうが、数%の歯においては根管が閉鎖していたり、曲がっていたり、根尖が破壊していて根管治療が行えず、歯を助けるために歯根端切除術が適応となります。

 

   神経のない歯は、歯が割れないように金属の土台が入っていることがあります。この土台は根の治療をするときに削り取らなくてはなりません。しかし、土台が太く、長く入っていると削り取る際に歯が割れてしまう危険があります。そのため根の治療をせずに、歯根端切除術を行うほうがおすすめします。歯根端切除術を行うときには、色々歯科インスツルメンツが必要です。

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで