位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 8020運動についての話題

最近チェックした商品[クリーン]

8020運動についての話題

  8020運動とは、厚生労働省や日本歯科医師会により推進されている運動です。生涯にわたって自分の歯でものを噛んでいけるように、「満80歳で20本以上の自分の歯を残す」ことを目標としています。20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することが出来るといわれています。8020運動に関しては矯正治療とはきずくつながります。その際には、歯科インスツルメンツの協力で行います。

 

 「8020」を達成するためには「歯の喪失をいかにして防ぐか」がポイントとなります。歯の喪失の2大原因はむし歯と歯周病です。つまりむし歯予防と歯周病予防を充実させることが、歯の喪失の防止と活動能力(ADL)や生活の質(QOL)の維持につながります。

 

  なぜ20本残すかご存知ですか?だいたい20本残っていると左右で噛み合わせができ、ほとんどのものがおいしく食べられるからなのです。20本無くても義歯やブリッジ、インプラントなどによって噛み合わせがとれているとそれに準ずる効果があると言われています。大事なのは噛み合わせで、よく噛めることなのです。

 

  大切な自分の歯を失わないためには、安定したよい噛み合わせが、きちんとしたブラッシングや歯科への定期検診と同じぐらい大切なんですね。「矯正治療で8020達成者をふやす!」矯正専門医はそんな未来への願いも抱いて日々の診療に努めているのです。

 

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで