位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 歯並びと発音について

最近チェックした商品[クリーン]

歯並びと発音について

   歯並びと発音は、深く関係しています。前歯にすき間があったり、ひどい出っ歯などの場合、正確できれいな発音ができません。発音が歯並びによって影響される言葉は、主にさ行、た行、な行、ら行です。いずれも、舌を歯の裏側に接して発音する言葉です。歯並びの悪い人が歯科インスツルメンツなどにより矯正や治療ができます。

 

    一見、歯並びがきれいに見える人でも、実はしっかりした咬み合わせができておらず、発音に影響が出ているケースもあります。咬み合わせに不具合がある場合は、多方面から治療を検討する必要が出てくることもあります。発音時に空気が抜ける感じがある、正確な発音ができないなど、発音にお悩みある方は歯並びをなおす事によって改善される場合があります

 

  人間は声帯を震わせて音を出しますが、直接発音にかかわるのは歯や舌、筋肉といった口の部分ですこの部分に不具合があると、音が漏れるなど聞き取りにくい音になってしまいます。例えば、前歯の隙間や出っ歯がある人は、きれいで正確な発音が難しくなります。歯並びに影響されやすいのは、サ行・タ行・ナ行・ラ行です。舌を歯の裏にくっつけて発音する音が多いです.

 

   近の若い世代の中で、実際の会話をしない人たち、日本語をはっきりと話さない人たち、しかも、食べ物も固いものを食べないと、咀嚼(そしゃく)をする力も弱くなりますから、結果的に口の周りの筋肉が鍛えられないで、しまりのない形になってしまいます。

 

    大人でも歯肉炎や虫歯、親不知などのお口の中の環境の変化で、歯並びは気づかないうちに微妙に変わっているそうです。そのため、歯並びが変わってしまい以前はきれいに発音できていた音が、できなくなってしまうこともあるというのです。

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで