位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯の神経の治療

最近チェックした商品[クリーン]

歯の神経の治療

   歯の神経の治療というのは、むし歯の穴を削って詰める治療よりずっと複雑です。先生から話だけきいてもちんぷんかんぷんということが多いのがこの治療内容です。チェアー(診療台)に寝そべって「まな板の上の鯉」になっているだけでもいやなのに、何をされてるんだかちっともわからないのでは恐怖を感じても不思議ありません。歯の神経治療が長くなるといつ終わるのか不安になりますよね。また、何度も何度も通わないといけないので仕事や家事で時間が取れず、途中で挫折したくもなります。歯の神経の治療に関する歯科器具は、歯科タービンのほか、色々のインスツルメンツが必要です。

 

* 歯髄炎

むし歯が進行し歯髄にまで達すると歯髄炎となります。歯髄炎は炎症が元の正常な状態に回復する場合(可逆性歯髄炎)は歯髄を除去する必要はありませんが、炎症が正常な状態に回復しない場合(不可逆性歯髄炎)は根管治療をする必要があり、抜髄と呼ばれます。症状は冷たいものや温かいものがしみる、じっとしていても鈍い痛みを感じることがあるなどです。

 

* 歯髄壊死

  歯髄炎を放置しておくと歯髄壊死*となり、温度刺激による痛みは感じなくなります。外傷により脱臼した歯が歯髄壊死となることもあります。症状は歯の色が変わってくる、むし歯があって冷たいものがしみていた歯がしみなくなったなどです。

 

* 根尖性歯周炎

  骨の中まで炎症が進行すると根尖性歯周炎と呼ばれる状態になります。レントゲン上では、根尖部(根の先)にレントゲン透過像が認められるようになり、根尖病変と呼ばれます。

 

  むし歯を治療せずに放置して根尖性歯周炎にまで進行することもありますが、一度根管治療を行なった歯が根尖性歯周炎となっていることのほうが頻度としては多いことが患者調査からわかっています。症状は「噛むと痛い」「歯茎から膿が出る」「たまに強い痛みを感じる」などです。

 

  歯の神経が無くなると歯の寿命は確実に短くなり、幾ら新しい治療法が増えても歯は削れば削る程、薄くなり最後は割れてしまい、こうなると抜歯しなくてはなりません。歯医者で自分にはどの治療が適しているか、相談して見てください。きっと良い治療法が見つかるはずです。

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで