位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > インプラントの流れと寿命について

最近チェックした商品[クリーン]

インプラントの流れと寿命について

   インプラントの歴史は古く、紀元前から始まっていたと言われ、貝殻、サファイア、鉄、ステンレス、アルミニウムなど多様な素材が使われ、どれも良好な結果が得られずに淘汰されていきました。インプラントに関する歯科インスツルメンツが多くて、単にあげてみると、ハンドピースといったような器具があります。今日は、インプラントの流れと寿命について少しお話します。

 

  治療の流れについては、まず、レントゲンなどによる十分な診断を行い、治療の計画についての説明を受けます。そして、歯が抜けた所へインプラントを埋入した後、あごの骨にしっかりと固定されるまで、3~6ヶ月待ちます。

 

 そして、インプラントによるしっかりした土台ができたら、人工の歯を上にかぶせます。それでは完了です。インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、半年に1度は定期検診を受けてください。

 

  インプラントそのものは、体となじみが良いチタンでできています。長持ちをさせるために最も重要なことは、自分の歯と同じような毎日の手入れです。指導された正しいブラッシング方法で磨き、半年に1度は必ず定期検診を。インプラントは歯が歯周病になるのと同じような症状になったり、かみ合わせが悪くなったりする場合があります。長持ちさせるために、定期的なチェックと正しいケアを行なって下さい。

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで