位置: ホーム > 文章 > 歯科についての話題 > 歯周病」の恐ろしい真実

最近チェックした商品[クリーン]

歯周病」の恐ろしい真実

   最近は、歯磨き粉のCM等でも歯周病というワードをよく耳にするようになりましたよね。しかし、実際にどんな病気なのかは、知らない人も多いのではないでしょうか?歯周病は虫歯と同じく、菌による感染症です。虫歯は虫歯菌、歯周病は歯周病菌がそれぞれ原因となります。口移しやキスなど、保菌者から何らかの形で口の中に歯周病菌を移されることにより、歯周病になると考えられています。簡単に言うと、歯周病は歯周病菌が出す毒素によって、歯を支えている骨が溶けていく病気ですね。歯についたプラーク(歯垢)が固まって歯石になると、やがてそこにいる細菌たちが毒素を出し始めます。それが歯を支えるアゴの骨を溶かしていくのです。歯周病に関する治療法については、歯科機器が必要で、例えば、ハンドピースといったような用具があります。

 

  炎症が歯肉の部分だけに限られている状態は『歯肉炎』といわれるもので、正しいブラッシングや生活習慣の改善、定期的なプロによるメンテナンスで食い止めることも可能です。ただ、炎症が歯肉から広がって、歯を支えている歯根膜や歯槽骨を破壊するほどに進行してしまったり、あるいはかみ合わせのバランスが悪く、強く噛む事で進行する『歯周炎』は、すぐに歯医者さんでの治療が必要です。

 

   歯周病は自分では気付きにくい病気だからです。現在、日本人は成人のうち85%以上が歯周病にかかっているというデータが出ているのですが、実はそのうちの70%は自覚症状がないと言われています。

 

   歯周病が進むほど、歯ぐきの歯周ポケットが深くなります。歯周病予防は、日々の小さな積み重ね。歯磨きのあとには磨き残しがないよう念入りにチェックする生活習慣を30代から身につけましょう。最近では歯周病予防に重点を置いた歯磨き粉やデンタルリンスなどの商品も豊富です。上手に取り入れてしっかりプラークコントロールを行い、歯周病を予防していきましょう。

 

 

 

 

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで