位置: ホーム > 文章 > 歯科の情報 > 怖い歯周病

最近チェックした商品[クリーン]

怖い歯周病

  健康な人の歯周ポケットの深さは約1~2mmです。歯肉の直下には歯槽骨があり計測用のポケット探針プローブが落ちていきません。しかし軽い歯周病の状態になるとまず歯肉の炎症(出血)が見られます。ポケットが少し深くなり、歯槽骨の吸収が始まります。歯周病が進行した人の歯周ポケットの深さは約7~12mm以上になります。歯槽骨の吸収の原因は歯石です。歯石は歯肉の上の見える所だけではなく歯周ポケットの中に入り込んでしまいます。歯周病は軽いうちに治してしまえば予後も問題がなくメインテナンス出来ますので、早い時期に治してしまうことが重要といえるでしょう。治療と言ったら、ハンドピースまたは、他の歯科タービンが必要です。

 

  日本人の成人の約8割が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。最近では「歯槽膿漏=歯周病」として、歯槽膿漏という言葉はあまり使われなくなり、歯槽膿漏を含めて歯周病という言葉を使う事が多くなっています。
歯槽膿漏は字のごとく、「歯周組織から膿(うみ)が出る」症状のことなので、厳密にいえば歯槽膿漏は歯周病の一症状ということになります。

 

 昔は歯周病というと高齢者の病気でしたが、最近では現代人でも歯周病にかかっている人が激増しています。その原因の1つは、食べ物をよく噛まないことです。よく噛まないと、あごの発達が不十分で、歯並びが悪くなり歯に隙間がでてきて、細菌がたまりやすくなります。

 

  また、あまり知られていませんが、歯周病は、エイズや肝炎などと同じように、感染症の1つです。キスや食べ物の口移しなどによって、細菌が歯と歯肉の間に入り込むことでも発症します。歯周病が進行すると、口内の組織が破壊されて歯肉がはがれたり、歯を支えている骨が侵されたりします。放っておくのは非常に危険です。

 

 

 

 

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで