位置: ホーム > 文章 > 歯科インスツルメンツの情報 > 親知らずを抜歯しなけれなならない場合

最近チェックした商品[クリーン]

親知らずを抜歯しなけれなならない場合

  親知らずの抜歯は、歯科口腔外科の診療で最も多く行われている手術です。他の歯の抜歯と異なり、歯肉を切ったり、骨を削ったりあるいは歯や根を割って抜歯を行います。現代の日本人は顎が小さく、親知らずが生えるための十分なスペースがないことが多いです。このため、横向きに生えたり傾いて生えてきたりする場合がよくあります。このような場合は歯ブラシが入りにくく、虫歯歯肉炎になりやすいです。最悪の場合、親知らずから入り込んだ菌が心臓付近まで到達し、死亡することがあります。親知らずに関する治療はよくハンドピースなどで行います。

 

  親知らずが生えてきた場合、必ずしも抜かなければならないわけではありません。親知らずが生えるだけの十分なスペースがあって、まっすぐに生えて、うまく噛み合っている場合には抜かずにおいておく方が良いのですが、そうでない場合、例えば斜めに傾いて生えたりした場合などは抜かなくてはいけません。

 

  歯が傾いていて変なふうにはえていれば、そこに食べカスがたまりやすくなり、清掃性が悪くなり虫歯になる可能性が高くなります。また歯の周りの歯ぐきも不潔になり腫れやすくなります。また手前の歯に食い込んでいる場合は、前の歯の親知らずと接している部分が磨きにくく虫歯になることもあります。真っ直ぐ生えていてきちんと親知らずのお手入れができるのであれば無理に抜かなくてもいいと思いますが、親知らず自体が虫歯になって痛んでも、横に生えていれば神経を取ることもできません。

 

  また、ちゃんと生えていたとしても、一番奥なので道具がまともに届かないことが多いのです。このため他の歯とちがって痛みを取るために抜いてしまわなければいけなくなる場合があります。また横向きに埋まっている親知らずが、それでも生えようとして前の歯を押すことにより、強烈な痛みがでることがあります。そして、横に押されることによって歯並びも悪くなるおそれがあります。こういった理由で親知らずを抜く場合があるのです。

 

 

 

歯科ハンドピースはed-instruments.jpまで